犬のしつけ方

スポンサードリンク
犬が言うことを聞き、今よりも犬との関係が親密で良好を目指すなら!

 犬と楽しく快適にする犬のトレーニング方法があります。

飼い主さんの愛情が愛犬に伝わり、愛犬は毎日、ご機嫌で、尻尾フリフリ!!幸せワン!

犬のしつけ方は?

 

犬のしけは大切ですがしつけというと難しく考えてしまい、かわいがることに喜びを感じ、愛情を与え人間のように飼う飼い主さんがいます。これは正しい犬の飼い方でしょうか?人と犬が一緒に快適な暮らしを過ごすためには犬のしつけはお互いの特性を知り、ストレスがなく過ごすことが正しいのです。

 

 

しつけをしていないと、家の中でトイレは、どうでしょう。どこでも関係なしに、トイレをしてしまったら・・・。家の中でいろいろなものに噛みついたり、無駄に吠えても、困りますね。いけないことをしたから叱ったり、怒ったりしても、犬はなぜ怒られているかがわからないのです。

 


犬も人間もストレスが溜まりますね。その意味でも犬と人間が快適に暮らすたにもルールをつくるのです。そのルールを守らせることがしつけになるのです。しつけをするためには、犬の特性を理解する必要があります。

 

 

基本的に犬は、群れの動物であり、最大の関心は強いか弱いかなのです。家族と一緒に暮らす犬は、家族を群れとみなし、行動しています。ですから飼い主さんがかわいがり、犬がエサを要求するとエサを出し、散歩をせがむと散歩に行く、同じベットで添い寝するなどすると犬はボスと思い込み、飼い主を従属者とみなし、その群れを守ろうと、攻撃行動を見せるのです。

 

 

 

犬は縦社会で暮らしているのです。まず家族の中のボスは誰か、その次は誰か、その次は誰かと理解させることです。一度人間よりも上と認識しいてしまうと、言うことを聞かなくなるだけでなくしつけをしようとすると噛みついたり、無駄に吠えたりするのです。

 

 

大型犬は、特に怪我にもつながるのでしつけは大切です。ボスであるかどうかは、言うことを聞くか聞かないかで判断してください。犬が上と認識をすると絶対にしつけはできません。また犬をしつける場合仔犬であればいいというのは学習能力が高いからで、決して成犬になってからでも大丈夫です。

 

 

根気よく時間はかかるかもしれませんが教え込むことです。

 

犬が言うことを聞かずに困っている方はチェック!

犬が言うことを聞き、今よりも犬との関係が親密で良好を目指すなら!



犬のしつけには基本があります。その基本ノウハウを学べます!
このノウハウを学べば、あなたの犬への認識が変わります。その結果、良いしつけができるようになります!本には載っていない本物のノウハウです!

 犬と楽しく快適にする犬のトレーニングがあります。

飼い主さんの愛情が愛犬に伝わり、愛犬は毎日、ご機嫌で、尻尾フリフリ!!幸せワン!




スポンサードリンク